検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

カレンダー

2017年8月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2017年9月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

商品コード:
kakouhin-058

天然鳴門鯛 鯛めし

販売価格(税込):
1,600
メーカー:
㈱さわ
関連カテゴリ:
食品
食品 > レトルト・インスタント食品
白米と一緒に炊くだけで、簡単に愉しめます♪

ふっくらとした食感と、凝縮された鯛のうま味をご堪能ください♪
「おめで鯛」・・・贈答品などにも最適です★★

白米二合用
真鯛切り身、出汁付

「鳴門鯛」 美味しさの秘密

日本一の激流、鳴門海峡の渦潮にもまれ育った鯛は、適度にのった脂と引き締まった身から、昔から地元で親しまれてきた魚であると共に鯛の最高級品「鳴門鯛」ブランドとして、ホテルや料亭などに出荷されています。 また、漁場となる鳴門海峡にはエビやカニなどの甲殻類の他、貝、いかなごなどの餌が豊富なことも美味しい「鳴門鯛」を育てる理由のひとつと言われています。

こだわりの「鮮度」と「技術」

漁を終えたばかりの漁師から船上より連絡を受け、鯛を漁場にて氷締めに。 その後、本社工場にて真空冷凍を行なっています。 「さわ」では、徳島県北灘漁協との提携により、本物の「鮮度」をご家庭まで届けることが可能となりました。
また、新鮮な天然鳴門鯛を「より手軽に愉しんでいただきたい」という想いから、骨まで柔らかくする加工や、天然鳴門鯛をより美味しく仕上げるダシの開発など、様々な「技術」が集まって作られたのが「さわ」の商品であり、「本格的な料理を家庭で手軽に」を実現することができました。
この「鮮度」と「技術」にこだわった鳴門天然鯛を、すべての加工食品に使用しています。 この味わいを一年中、ご家庭でお楽しみください。
※鯛の中には様々な種類があります。その中でも鳴門鯛は、いちばん美味とされる「真鯛」のことを呼びます。 また、産卵の時期である春先に水揚げされた真鯛はその体を美しい桜色に染めることから「桜鯛」。 秋には越冬のために食欲を増してよく肥え、脂の乗った状態になる「紅葉(もみじ)鯛」と、季節によって呼び名が変わる美しくも有り美味しい、日本有数の真鯛。それが鳴門鯛なのです。






【品名】 天然鳴門鯛 鯛めしの素

【原材料名】 具財:鯛(鳴門北灘沖産・鳴門鯛) 調味液:昆布、白醤油、塩(原材料の一部に小麦・大豆を含む)

【殺菌方法】 気密性容器に密封し、加圧加熱殺菌

【内容量】 570g(調味液500g、鯛70ℓ)

【賞味期限】 1年

【保存方法】 直射日光を避けて保存してください。

※この商品は、レトルトパウチ商品です。
数量:

「鯛めし」のお召し上がり方

洗って水切をした白米2合と出汁1袋を炊飯器に入れ軽く混ぜ、その上に鯛の身をおいてください(水は不要です。)
その後、夏場は約30分、冬場は約60分を目安として、お米をよく浸漬させてから炊き上がるようにしてください。
炊き上がったら、鯛の身を混ぜてお召し上がりください。
お好みで薬味(三つ葉、菜の花)などを添えますと、より一層美味しくお召し上がりいただけます。
さらに、一味違った愉しみ方として、おにぎりやお茶漬けなどでもお召し上がりください。

また、残った鯛めしは冷蔵庫に保存し、できるだけお早目にお召し上がりください

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。